The Dreaming

voyage to tokara

The Dreaming

 五十歳になったのを機に、今まで撮り散らかしてきたモノクロのネガフィルムを洗いざらい見直してみようと思った。写真を始めて間もない頃から最近までの、およそ二十七年間の旅の足跡。
ガイドブックに載っていないチベットの僧院やグアテマラの村、雨季のアンコール・ワットに東北地方の雪深い山里 – 暗室で黙々とネガと向き合いながら私は思う。いろいろなところを旅してきたけれど、今にして思えばそのすべてがまるで夢の中の出来事のようだな。夢 – あるいは本当にそうなのかもしれない。旅に出始めてから未だ覚めることのない、遠い汽笛の余韻のような淡いまどろみ。

When I turned 50 last year, I decided to go through all the black & white negatives I had taken so far. A far away monastery in Tibet, a foggy Guatemalan village, and an Angkor Wat temple in the summer rain – I started to spend days and nights inside the darkroom, speaking to my old self. Every moment of the journeys may have been vision of dreams – that’s what I thought when I tracked down my old archive. And I might be still dreaming.

close